お休み期間

体外受精にステップアップするか、転院して人工授精続けるか迷いました。恥ずかしながら基礎体温を1年以上測って、クリニックや自分自身が上がった?下がった?っていう曖昧なデータを信じて気にして治療していくのがかなりストレスでした。基礎体温を測らなくても血液検査で不妊治療してくれるクリニックにしたいと強く思いました。なので、鈴木に行きたかったけど先生に会いたくないなーって思ったり(ダメですね…)。でも、体外受精するなら、鈴木はたまごより高額と聞いたのでとりあえずたまごに行って、だめなら鈴木でステップダウンから体外受精?も良いかなって思い、まずたまごの説明会を予約しました。説明会まで3周期見送ることになりそうだったので、他の病院で人工授精したら良いかなって思ったりもんもん。。でも、めぐみ行かない!って決めてから基礎体温測るのやめてしまったし、また遺残卵胞があるかもだし、連日のクリニックで疲れてるのにまた初診からか…と思うといろんなクリニックネットで探したり電話したりしてたんですが、やっぱり3周期休もうと決めて、特に何もしませんでした。タイミングも夫に毎回自分から言うのが嫌になって(今月はいつ?とかくらい聞いてくれたら話しやすいのに~)、結局1回しか取りませんでした。基礎体温も測ってないし、排卵検査薬もしなかったし、曖昧も何もカンだったので、予想通り妊娠せずでしたが。。でも基礎体温も通院も妊娠の可能性もない日々は本当に楽ちんで、不妊特有のブラックな気持ち(妊婦さんを見ると辛くなっちゃうなどなどのネガティブなダメなやつ)からも遠ざかり、リフレッシュできた気はします。

ちなみにこの頃、自分の子どもが車や電車にハマりだしたり、仲良しの友達の2人目育児を間近で見せてもらったりして、子どもの性別が違うのはうれしいけど服やおもちゃが違いすぎる!おさがりできないのはもったいない!と実感(超貧乏性の私…)。最初思ってた女の子願望はかなり薄れて性別はどっちでも良いし、むしろ男の子が良い!と思うように。姪っ子ちゃんが生まれたのもあるかも。あと男の子兄弟って年が近いと仲悪い気がしてて(まわりに多いので)、それもあって女の子かなと思っていたけど、すでに早くて4歳差になりそうなんでね…という心境の変化でした。

広告を非表示にする