1人目を振り返る

2人目妊活でステップアップを機に記録のためブログはじめました。

長男を2014年に出産し、2015年から2人目で病院に通い始めました。細かい日付は書いていませんが、だいたいそれくらいの時期の通院の記録と愚痴などです。

 
とりあえず1人目生まれるまで覚えてることを書いておきます。
結婚前からほぼなかった性生活が、結婚してからますますなく、夫は淡白だし、私も、ま、いっかと気にしてなかったんですが、いつかは子供は欲しいなーと話してはいました。
で、そのまま時がたち、とりあえず子作りしようとなったけど、夫が射精できないことが多くなって、ますます消極的になり、泌尿器科で、やる気になる薬をもらったりしたけど、太ってる妻を見るとニヤニヤ笑いが込み上げてしまい、効果なしだったようで…
どうしたものかと焦る私に、NHKかどっかの番組で、AMH検査のドキュメンタリーをやっていて、若くても卵巣年齢が高くて子供ができない人がいることを知り、ヤバイ!やばいかも!と思ったのが2013年、20代最後の年。射精できないなら、人工授精とかしたらできるんか?とその頃は不妊治療の知識皆無(人工授精って言葉も知らなかったかも)で、とりあえず不妊治療の診療をしている病院に予約してみたという感じでした。
 
つづく
広告を非表示にする