たまごクリニック4周期目(移植2回目→陽性)

前回移植判定日にエストラーナテープとデュファストンやめて、3日後に生理来ました。移植後は採卵後と違い普通の出血量でした。次の日に診察しました。胚盤胞はないので、初期胚残り3つのうち1つを移植します。胚盤胞移植と同じく、エストラーナテープは生理3日目の夜からです。前回移植時の内膜が10ミリだったか12ミリだったかで看護師さんが少し薄かったかな?でも7ミリだったか9ミリだったかあれば問題はないんだけど…と言っていて(記憶曖昧ですみません)、私が気になるって言ったら、念のためエストラーナテープは4枚ずつになりました。次は生理13日目に診察、15日目の昼からデュファストン2錠毎食後飲み始め、17日目に移植でした。移植前まで、めぐみクリニックで飲んでいた漢方が10日分くらい残っままだったので、捨てるのも気が引けるし、気休めに飲んでいました。

最初の診察で着床系の血液検査もしました。結果で問題があったら移植中止して治療か、移植後にお薬を飲むらしい。結果問題ありませんでした。だいたいの人は問題ないらしいです…前回はたまたまダメだったのかもしれないし、胚盤胞になった卵はグレードが悪いものを育てたらしく、グレードの良いものから初期胚凍結したと聞いたので、前回は胚盤胞といえども卵が悪かったのかもしれない…初期胚移植は初めてだし、とにかく続けて移植することにしました。

移植日の病室はいつも入り口すぐの2人部屋だったのですが、初めて個室でした。広い。移植は前回と同じ女医さんでした。初期胚は子宮外妊娠とか聞くので卵管に戻すと思い込んでましたが胚盤胞と同じ内膜の間でした。胚盤胞はそのまま着床するけど、初期胚は1度卵管に戻ってからまた内膜に戻ってきて着床しているかもしれないという卵管回帰説があるとググって知りました。なるほど興味深いです。

判定日までは前回と変わらず過ごしました。午後から仕事に行ったし、会社の階段毎日上り下りしたし、子供抱っこしたり、遊んだり、ただ、別記事に書きますが子供の入院手術も控えていたのでそっちに気を取られたのと、前回ぬか喜びがこたえたのであきらめモードで妊娠についてはあまり考えませんでした。何もググらなかったし、フライングもしなかった。葉酸サプリは飲んでいました。でも、なんとなく妊娠してる?と思ったことがあったのでまとめておきます。

○移植から数日後に出血が少しあってもしや着床?と思った(移植時の出血があとから出てきただけかも…)

○おりものが判定日前まで出ていた(前回は判定日前はおりものほぼなし)

○判定日数日前に軽い風邪を引いた(普通に風邪はひくんですが妊娠初期に風邪引いた体験を読んだことがあったので…)

○判定日数日前に腰痛になった(歩けましたがかなり痛かった、1週間くらい)

○移植後1週間くらいからいつもより眠気があって、なんとなく前回の妊娠もこんな感じだった気がした

勘違いかも…ま、ダメなら次また頑張るしかない、自然周期にしたほうが良いとか、アシストハッチングとか聞いたことあるし、看護師さんに相談しよう、とか思いながらの判定日、陽性もらえました。素直にうれしかったです。無事出産となるかはわからないですが、2年近く医者に通って陰性続きというのは自分では苦しい毎日で結構気持ちが不妊様になっていたので。不妊治療のせいにしたらダメですが、不妊治療は性格が悪くなります…友達の子供2人以上育児の苦労話を聞くと、うらやましいとか幸せだ…と言ってしまったり、子供2人以上ママに、子供ひとりでも幸せじゃないと言われると悲しくなったり…でも、前回陰性のときに、ひとりっ子でも幸せだなと受け入れられました。2人目を考えてから、2人目にしがみついていて、1人目不妊もつらかったけど、2人目不妊は2人目不妊で別のつらさがある!と思ったりしてしてたんですが、あらためていまの幸せを大切にしたいと思うことができました。

支払いは21万くらいでした。着床系の血液検査に17000円かかっていますので、それ以外は実質19万くらいで前回の胚盤胞移植と同じでした(判定日は陽性の方が高い模様)。移植のみなので補助金は75000円です。

これで2回目は終わりです。次は判定後の記事にします。

たまごクリニック3周期目(移植1回目→陰性)

採卵から11日目に生理来ました。採卵後の生理は早いと聞くけど(中止になった前周期の後の生理も早かった)、生理が大量でびびりました。前の刺激周期こんなんだったかなー?でもググるとそんなもんみたい?

クリニックに移植したいと電話しました。生理3日目に予約しました。また体重、血圧、採血、診察、内診、採血結果でてから、今後のスケジュールなどの説明でした。移植は自然かホルモン補充か選べました。仕事あんまり休みたくなかったのでホルモン補充にしました。戻すのは胚盤胞が良いのではないかと言われました。胚盤胞だと生理から20日目くらいに戻すようです。

診察と内診は初めての女医さんでした。内診で前のめぐみクリニックでも見たような遺残卵胞?が見えて(先生はそれを見て卵巣が腫れてるねと言っていた)、良くないホルモンが出ていたら今週期は見送りになりますと。あきらめモードでしたが、採血結果ではホルモン問題ないので移植しましょうと。見えてた卵胞は消えていくものですと。そうなのか…でも自ら延期する勇気もなくもう信じるしかない!で、ホルモン補充とはエストラーナテープを3日目の夜から3枚ずつおなかに貼るだけです。48時間毎に貼り替えます。こんな薄くて小さいシール2日以内にすぐはがれそうと思ってたけど、案外大丈夫でした。しかし1枚だけ1日ではがれました。予備に余分にもらっていたので予備を張り直してたぶん無問題。このテープだけで、今周期の排卵がなくなるらしい…!不思議です。採卵周期はスプレーやら注射やらしまくっていたのに。。

次回は生理13日目の診察、問題なければ生理19か20日目に移植、2週間後に妊娠判定とのこと。

して、次の診察、内膜は9ミリくらい。移植日は子どもの預け先の都合で1日ずらしてもらい、生理21日目になりました。エストラーナテープは続けて、移植日の5日前の夕食後から毎食後デュファストン2錠飲み始めます。擬似排卵日ってことですかね。移植日は朝7時以降に解凍するので、体調不良などがある場合はそれまでに連絡、解凍がちゃんとできたかを10時に確認電話、移植できるなら指定の時間(たぶん11時)までに来院とのことでした。クリニックまで1時間以上かかる人はまた違うスケジュールかもしれません。

移植日電話したら、10時45分に来いと。早!たぶん遅れますと言って、急いで向かいましたが、病院あるあるで、急いだのに2階で着替えて待たされましたが、11時半過ぎに手術室で胚盤胞移植しました。良く聞くおしっこためて、はありませんでした。場所は手術室だけど、採卵と違って化粧ダメとかも言われず、普通の内診みたいな感じでした。確認のためか、名前をめっちゃ呼ばれました。女医さんでした。胚盤胞の映像と、内膜に戻した卵の映像を確認できました。痛かったけど、人工授精より痛くなかったかも…上手いのかな?

すぐに手術室を出て、個室のベッドで30分ほど横になるように言われました。午後は仕事に行きました。1人目の時も何にも意識しなかったので、その後もいつも通り過ごしました。判定日までエスとラーナテープとデュファストンは継続です。あと、移植後は可能性を信じて葉酸サプリを久々に飲んでいました。

なんだかもやもやして嫌だったので移植9日目にフライングしました。陰性でした。いちおう薬は続けました。移植から11日目に判定日でしたが、やはり陰性でした。着床系の血液検査をした方が良いかもとのことで、次周期にお願いしました。いままでももしかしたら…でダメな連続だったのであきらめつつでしたが、まわりは移植1回で妊娠出産したりもしているので、やっぱり期待していたのか、苦しかったです。夫には伝えましたが、いつも話を聞いてもらっていた体外受精経験者の友達にも言えませんでした。気になっていただろうに何も言わず悪い友達でした…

判定日に採卵と移植~判定日までの助成金の書類お願いしました。2000円くらいかかりました。書類もらうまで3週間くらい待ちました。移植は思ったより高くて(陰性だったから高く感じたのかも)、19万くらいでした。陰性の判定日は割引しましたと言われました。。トータル約50万なので、助成金で後から30万もらえて約20万の出費でした。1回で妊娠できるなら20万くらい海外旅行我慢したと思えば(海外旅行行かないけど)大丈夫ですが…何回するかわかんないのでやはり大金はつらい…結婚資金を体外受精資金にまわせば良かった…(何年前の話…)

たまごクリニック2周期目(採卵1回目)

生理が来たので久々の電話予約。次の日生理2日目に診察でした。血圧や採血、内診(またヒゲの先生)、自己注射セットもらって、終了でした。前回採卵中止になった分の領収書来ないなと思ってたら、金額少ないので窓口支払いとのこと。2か月後に払いました。。2か月の間に自然妊娠してたら支払い気づかないままなのかな…と若干クリニックが不安に笑

前回採卵中止になったことを先生や看護師さんに申し訳なかったと言ってもらえました。言葉って大切だな。ありがとうございます。前回の婦長さんとかなんとなく冷たい感じの病院だけど、私は潔癖性なので居心地は良いです。

生理3日目からスプレキュア1日3回とHMG150の自己注射1日1回開始しました。

次は生理8日目の診察。9日目が外来休診だからかな。採血、内診(ヒゲの先生)、採卵は生理11日目に決定、採卵までのスケジュール確認とHMG150の注射追加で終わりました。4時くらいに着いて、保育園迎えに行くから6時くらいに帰りたいと言ったら、5時過ぎにおわったかな?ヒゲの先生も早く帰れるようにするねって言ってくれました。あと、今度は体調崩さないようにと。頑張ります…

前回の内診で見える小さな卵胞が、2か月前より少なかったので、育った卵胞も少ないみたいでした。前は10個くらいと言われたけど今回は10個ない感じでした。仕方ない…

前の診察は生理2日目だったので、注射をクリニックでできなくて自己注射からスタートだったので、注射がちゃんと効いてるか不安でしたので、看護師さんに聞いたら、血液検査で、注射も効いてるし、スプレキュアも効いてるよ!と言われて安心でした。血液検査で、いろいろわかるんだな。E2ってやつかな?

今周期はHMG150は6日連続、前周期より1回少なかったです。でも採卵までのスケジュールは同じでした。スプレキュアは5時13時21時にして遅れも忘れもありませんでした!夫のLINEのおかげです笑

採卵2日前の2回目13時でスプレキュア終了、23時にHCG10000自己注射、採卵1日前に採卵当日の来院時間の確認電話(前回も今回も10時)をしました。採卵日は夫に送り迎え頼める日で良かったです。でも夫はデリケートなので!?採精は必ず持ち込みにしています。

採卵当日、前回と同じで、1階で受付してしばらく待ってから、2階で精液出してベッドがある個室に移動、着替え、尿検査、採血、血圧、あとブドウ糖かな?点滴してました。前回も今回も順番は最後で(麻酔するからかな?ほとんどの人は刺激しないから麻酔なしだと思う)、ベッドでの待ち時間が結構ありました。採卵直前にトイレを促され、下着を脱いで手術着のポケットに入れておくように言われました。そして歩いて手術室へ、自分で手術台に乗り開脚して足を固定されました。私は目が悪いので眼鏡がないとほとんど見えず、手術室が手術室に見えないので無駄に緊張しなくて良かったです笑

麻酔の注射って痛いイメージがあるのでびびってましたが、点滴の針から入れたみたいで痛くなくて良かったです。

多分ヒゲの先生(ホームページ調べたら院長と発覚したので)が、5個くらいとれたら良いね、ここはハワイと思って、身を任せて寝るんだよ、とか言ってました。私は性格悪いので、「ハワイ行ったことないんですけど」って言ってみようかなとか思っているうちに記憶なし…気づいたら個室のベッドの上で下着のパンツはいてました!軽い衝撃!

手術は11時くらいだったのかな?11時半か…?麻酔目覚めて、立てたのでロッカーのスマホ見たら13時でした。特に痛くもなく若干ぼーっとするけど元気でした。点滴はまだしてて、終わってから着替えました。トイレで膣のガーゼを取りました。15時前に帰れると思う、今日の結果について話があるから待っててねと言われて待ってたけどずーっと放置!15時近くまで放置だったので、仕方なく看護師さんに聞いたら、今準備しますねーって、忘れられてたようでした…泣

抗生物質(今日から1日3回)、痛み止めのボルタレン(痛いとき)、サバサール(明日から夜1回)、バファリン(明日から夜1回)、4種類の飲み薬をもらい、培養師さんには成熟卵6個取れた(卵子についてるもやみたいなのを取ってないのでわかりにくく、未成熟の可能性もあり)、精子の状態も良いのでふりかけでも良いと。受精障害で全滅が怖くて3個ふりかけ、3個顕微でお願いしました。出血してないことをトイレで見てきてと言われて、出血してなかったので、今日は安静にと言われてそのまま帰りました。帰りに夫と松屋で牛丼食べて、私は今日は運転できないのでそのまま保育園迎えに行き、夫は仕事まで寝るので、子供連れて近所の友達の家で少し遊んで帰りました。私はお風呂に入れなかったので(シャワーのみ)寒そうだし子供だけ入れるのもめんどかったので、今日だけってことで2人ともお風呂入らないことにしてあったかいタオルで体を拭きました。病院では何も出てなかったのに、家ではナプキンが少し茶色くなってて、痛み止めも切れたのか重めの生理痛みたいな痛みもして不安でさっさと寝ました…

次の日の昼に受精確認の電話、6つ全て受精していました!初期胚で凍結か胚盤胞で凍結か聞かれて、また保険をかけてどっちもしたいと言いました…いくらになるんだろう…でも後悔したくないし…そして次の日の午前にまた電話、初期胚で3つ凍結、3つは培養でお願いしました。採卵から1週間後の昼に培養の結果の電話、3つのうち1つ胚盤胞になり凍結しましたと。凍結卵ができて喜ぶべきですが、2つダメになったと思うと悲しい気持ちもあります。今までも何十個?何百個?と無駄にしてるんだけどね…来周期から移植がんばります。

1週間くらいして請求書が届きました。ショート法で6つ採卵、3つ体外3つ顕微、3つ初期胚凍結、3つ後期培養→1つ胚盤胞凍結で30万ちょっとでした。相場よりかなり安いのでは!?割引しましたって書いてありましたが…なんだろう。40万以上か、と思っていたのでちょっとほっとしました。

たまごクリニック1周期目(採卵1回目→中止)

説明会の後すぐ思ったより早く生理が来たので急いで電話しました。すると、次の日に初診が予約できました!いっぱいだと予約できず、その周期は見送りになると聞いていたので良かったです。

初診では同意書を出し、血圧測定や体重測定、採血などして、看護師さんに刺激して採卵したいと伝えました。で、先生初登場。たまごクリニックはほとんど先生と話せない、先生や看護師さんのアドバイスが少なく自分で治療を決めていかなくてはいけないと治療した友達や口コミで聞いていたせいか、思ったより先生と話せました。刺激はおすすめじゃないと話していましたが、1回だけやってみたいと伝えました。今まで不妊治療(産婦人科も?)で先生優しい!と思ったことはなかったのですが、なかなか優しい先生で(30代くらい?の男の先生でした)うれしくなりました。内診は全く痛くなくて、いろいろ説明していただけました。帝王切開の傷口もわからないくらいキレイだし(鈴木の手術が良かったのかな?)、小さな卵胞がいくつか見えて生理2日目としては全く問題ないですと言われました。内診台は機械であがる椅子じゃなくて分娩台みたいな自ら寝る&開脚する感じで戸惑いましたが、椅子で動くのより気分はマシな気がして良かったです。で、待合室で待っていたら看護師さんから電話かかって(たまごは受付でピッチを渡されて電話で呼び出しなどがあります)、本当に刺激で良いのですか?次回は何日に来れますか?など聞かれました。刺激についてはだれーもおすすめしてこないので(病院の方針なので当たり前ですが)不安になり気持ちが揺れましたが。。でも、刺激採卵は体外受精の歴史では一般的だと思うし、1回やってみようって思いました。低刺激だとめぐみの治療経験からすると、毎回採卵になりそうだし。。刺激して卵数個凍結できたら、うれしいし…最後は採卵までのスケジュール確認や、自己注射のレクチャーなどでした。生理2日目でしたが、採血の結果から生理3日目に修正(基礎体温じゃなく血液検査は正確なデータでやっぱり根拠があるから不信感少ないです)、3日目の今日から、スプレキュア8時間ごと、HMG150の自己注射1日1回です。で、9日目に採血と内診で、採卵か、注射追加か判断しますとのこと。採卵は早くて11日目、多いのは12日目とのことです。卵胞や採卵数が多いと麻酔採卵になるので、運転不可、少ないと無麻酔採卵です。ちなみに採卵数が多いと新鮮杯移植もできないようです。スプレキュアは8時間ごとなら何時でも良いとのことで、毎日子どもの寝かしつけで寝落ちする私は5時半、13時半、21時半にしました。。本当は5時、13時、21時が会社の昼休み13時までなので忘れにくそうだし、夜も21時の方が子どもの就寝に合わせてで良いのですが、5時に起きる自信がなかったのです。。子どもは寝かしつけに時間がかかるので8時半~9時頃寝室に連れて行き、寝かかった時に必ずお茶飲みたいかトイレ行きたいかの要求があるので、その隙にスプレーすることにしました。とりあえず9日目までなので、なんとかなりそうです。自己注射も、ネット知識でペン型だと思い込んでいましたが、普通の注射でした。シリンジに太い針をセット、溶解液の入ったアンプル(名前調べました笑)を割って吸って、バイアルに刺して薬を溶かしてまた吸って、針を細いのに付け替えてシリンジの空気をちょっと出して、お腹の脂肪たっぷりな場所を消毒してから注射(脂肪が多い方が痛くないみたいです。太ってて良かった!?)、最後に注射の絆創膏を貼って完了です!なかなか複雑で、アンプルの割り方が下手で何度も練習しました。説明書もなくて、メモっとけば良かったかなと後から思いましたが…(._.)φちょうど生理3日目だったからか、看護師さんの前で実際に鼻スプレー&注射を実践できたので家でも思い出してちゃんとできました。説明してくれた看護師さんは明るい方でなかなか楽しくレクチャー受けれました。で、保険分の初診料と診察券代とか1000円くらい払っておしまい。自費の分は周期ごとにまとめて、請求書が届いてから支払いのようです。初診は2時間ちょっとかかりました。。たまごは子ども連れてこないでと言われるので親に預けました。でも、実家は自宅から車で40分かかるし、めぐみで注射毎日通うのは本当に大変だったし(親にわざわざ保育園迎えに行ってもらったりしていました)、たまごは夕方5時までだから毎日会社早退なんて無理だし、自己注射ができて本当に良かったです。注射は時間は決まっていないので、針などが子どもに危険と思って、5時半に起きた朝することにしました。子どもは7時くらいに起こすので…自己注射ですが、理系の血が騒ぐのか?吸ったり付け替えたりが楽しくてちょっとハマりました(危険)。鼻スプレーは人工授精の排卵前で経験していましたので連日8時間ごとは忘れないかと緊張ですが(実際13時半は忘れてて遅れた日が何回ありました…次があったら絶対5時13時21時にしよう…)、特に問題なく続けられました。夫が真面目な人なので時間になったら連絡入れてくれたりして助かりました。鼻スプレーは喉に入ると苦いのが嫌だと聞きますが私は平気でしたね。。もちろん不妊治療なんてしたくないですが、注射や投薬は結構大丈夫でした。。内診や人工授精の方が数倍痛くて嫌です。。あと効果がわからない漢方飲み続けるのも。。

刺激で使うHMGですが、早く打ち始めると卵胞数が増えていくみたいですね。人工授精の時はクロミッドの後に注射だったので、卵胞数は少ないままだったみたいです。言われてみると、打ち始めてから2~3日目から卵巣がありそうな辺りが重い感じです。。あと便秘がひどくなり、でも下痢と言う最悪なお通じ状態に。OHSSも怖いですが看護師さんには痛くなるかもだけど我慢するしかないと言われました。鼻スプレーや自己注射忘れても、大丈夫かどうかは次の内診で判断するしかないとも。

とにもかくにも数か月ぶりの治療、信頼できそうなクリニック(しかも新しくてキレイ)、期待しちゃいけないけど期待大の体外受精!ってことで、やる気前向きモードで治療に挑めました(助成金30万円も心の安心材料としてはかなり大きいです…)。

次は生理9日目の診察に行きました。自己注射のゴミは家庭ゴミにできないので忘れずに出します。採血、先生の問診、内診(今日はヒゲの先生。内診はちょっと痛い…)で、生理12日目に採卵が決まりました!採卵日決まらずまた内診に来る必要がなくなって良かった~鈴木や佐川では採血したら結果がもらえたのにたまごはもらえず、特に話もないので数値とかは全く不明ですが、、自分なりに勉強したいし欲しいですね。最後は採卵までの鼻スプレーや自己注射のスケジュール、採卵当日の注意事項などを看護師さん聞いてHMG注射をおしりに打ってもらい帰りました。1時間くらいでした。HMG注射は今日で終わり。7日連続で打ちました。今日の内診では小さいのや大きいの卵胞10個ほど見えていたような…(詳しく聞けなかった…)採卵は麻酔で、卵は今週期は戻せないことになりました。麻酔ありだと午前中の採卵後休んで、帰れるの15時くらいらしいです。麻酔なしだと午前中で帰れそう。卵巣辺りを締めつける服や激しい運動は控えてくださいとのこと。排卵しちゃうかもらしい…こわいなぁ。。

鼻スプレーは10日目の昼まで。夜11時にHCG10000注射を自己注射。11日目は鼻スプレーも注射もなし!安静を心がけましたが、子供が風邪ひいたのが速攻移って風邪を引き咳や鼻水が出てヒヤヒヤでした。採卵2日前からは絶不調でした。お腹も妊娠初期のような感じ?でじんわり痛みが増してくるし。。で、11日目の昼の12時に採卵日の来院時間の確認、夜12時以降は採卵終わるまで絶飲絶食でした。

採卵日はノーメイク、ノーコンタクト、ノーアクセ、ノーマニキュア&香水(私は普段からしてないけど…)で行きます。夫がちょうど仕事が夜からの日だったので送ってもらいました。帰りは看護師さんに迎えがないなら絶対タクシーでと言われたけど、暇だし電車でぶらぶらして帰りたいな-。帰りの交通手段は麻酔後の状態で決めようと思ってました。

まず、受付で精液を提出したら(めぐみは受付で出していたので)、呼ばれるまで持っていてと言われました…倒したらダメなので緊張しました。で、呼ばれて2階へ、やっと精液を出して、ベッドやロッカーがあるスペースへ連れて行かれました。風邪がかなりつらかったので、看護師さんにも聞かれて熱計ったり、採血したり血圧はかったりしました。(記憶あいまいです…ただ、ロッカーの鍵が異常に使いにくくてイライラしたのは覚えてます。)熱は37.4あり、私は平熱が高めなのでたいしたことないと思っていましたが、麻酔は危険だから、無麻酔にしまょうと言われてドキドキ。でも、麻酔なしだと早く帰れるから、風邪の病院に行けそうだ、良かったと思いました。しかし、その後婦長?師長?って人が来て、先生が風邪で熱があるから採卵は中止にしましょうと言っていると。。頭が回らず、自分では判断できなかったので、とりあえず先生にどうしても採卵したいと伝えてと言い、夫に電話…結局採卵中止で帰りました…悲しかったです。精液も廃棄となりました…

不満としては、婦長さんが「先生が中止と言っている」と言ったり(先生に直接言って欲しかったような…)、「採卵して腹膜炎になっても、ここでは責任取れません!重傷になっても、責任は取れません!」って何回か言われたこと。なんとなく気分悪いので、先にもらう注意事項に発熱の場合は採卵中止って書くべきだわ。次回提案しよう。

結局すぐ帰れたので夫に迎えに来てもらいました。悲しいけど自分のせいだし、次頑張るしかないですね。情けないです。次の採卵までは1か月お休みです。でも風邪を引きやすい時期だったし、私の仕事と実家が忙しくなるのがわかっていたので、2か月お休みすることにしました。お休み中もタイミング取りましたが妊娠せず。不妊治療はちょっと休むって言っても1か月以上だし、なかなか思うようにできず、不妊期間が長引いていくので辛いですね。採卵日はそのまま耳鼻科に行きましたが、卵巣の痛みがピークで歩くのもやっとでした。治るのかな、と不安でしたが、次の日には大分良くなり、排卵したからかな、と思いました。

あ、あと支払いは5万円くらいってことで安心しました。助成金申請は次回に持ち越しです。

たまごクリニック説明会

説明会の予約、ネットや友達情報では、数か月待ちと聞いたのですが、かけてみました。すると、土曜日以外なら、来月空いてるとのこと。土曜日が良いなら第1土曜日に電話をかけてとのこと。とりあえず土曜日狙いで予約しませんでした。しかし、 1日1組くらいの説明会で土曜日は無理なんじゃないかと思い直して、数週間後かけなおし、結局夫の予定も考慮して2か月後くらいの予約をしました。最初に電話かけてからだと約3か月待ちくらい。予約した日が休診日になるかもと言われてドキドキでしたが、無事その日がやってきました。

夫と2人で行きました。まず妊娠の仕組みの説明でした。私は知識と経験はまぁまぁだったので、人の話を聞くのが苦手ってこともあり早く次~って思いながらも、夫は初耳学なので、我慢して聞きました。帰ってから夫が「生理が来たら~」とか知ったかぶりで言うので若干イライラしたのは秘密です。あとはスケジュール、料金、同意書の説明とかだったかな。1時間半くらいで終わりました。百聞は一見にしかずで、私は刺激をしたかったのですが、たまごは有名な新宿のKLCと同じ(というか石川の永遠幸が本家!?)永遠幸グループで、低刺激とか自然採卵をすすめられました。治療していくとアプローチが変わるかもしれませんが、刺激をするなら1種類(ショート法かな)しかないとのこと。迷いましたが私は人工授精の刺激で(たまごの低刺激と同じ?ような最初飲み薬→注射→鼻スプレーで排卵)、卵が2個くらいしか育たなかったので、低刺激とは本来そんなものなのかもしれませんが、とにかくお金のかかる&みんながもうしたくないと言っていた採卵の回数は少なくしたいと思い、気持ちは刺激に傾いています。助成金も初回だけ30万だし…

注射についても聞きました。病院に打ちに来るのと、自己注射と値段は同じだそうです。自己注射は高いと聞いたことがあったので良かったです。別の婦人科で注射だけすることもできるし、実際にしてる人もいるみたいですが、自分で電話して病院を探さないといけないようです。(たまごは夜中や診療時間外の注射はしてないみたい?産婦人科なら24時間365日なので多分注射だけならいつでもしてくれるかも。めぐみもそうだったし。)ただ、排卵前の注射をする場合は夜中だから(低刺激や自然なら鼻スプレーで排卵促すらしいですが、高刺激だと注射になるみたい)、自己注射のが楽じゃないの?あなたは自己注射できそうよって言われました(何を根拠に!?笑)。

 とりあえず絶対条件の説明会はクリアしたので生理を待ちます。

お休み期間

体外受精にステップアップするか、転院して人工授精続けるか迷いました。恥ずかしながら基礎体温を1年以上測って、クリニックや自分自身が上がった?下がった?っていう曖昧なデータを信じて気にして治療していくのがかなりストレスでした。基礎体温を測らなくても血液検査で不妊治療してくれるクリニックにしたいと強く思いました。なので、鈴木に行きたかったけど先生に会いたくないなーって思ったり(ダメですね…)。でも、体外受精するなら、鈴木はたまごより高額と聞いたのでとりあえずたまごに行って、だめなら鈴木でステップダウンから体外受精?も良いかなって思い、まずたまごの説明会を予約しました。説明会まで3周期見送ることになりそうだったので、他の病院で人工授精したら良いかなって思ったりもんもん。。でも、めぐみ行かない!って決めてから基礎体温測るのやめてしまったし、また遺残卵胞があるかもだし、連日のクリニックで疲れてるのにまた初診からか…と思うといろんなクリニックネットで探したり電話したりしてたんですが、やっぱり3周期休もうと決めて、特に何もしませんでした。タイミングも夫に毎回自分から言うのが嫌になって(今月はいつ?とかくらい聞いてくれたら話しやすいのに~)、結局1回しか取りませんでした。基礎体温も測ってないし、排卵検査薬もしなかったし、曖昧も何もカンだったので、予想通り妊娠せずでしたが。。でも基礎体温も通院も妊娠の可能性もない日々は本当に楽ちんで、不妊特有のブラックな気持ち(妊婦さんを見ると辛くなっちゃうなどなどのネガティブなダメなやつ)からも遠ざかり、リフレッシュできた気はします。

ちなみにこの頃、自分の子どもが車や電車にハマりだしたり、仲良しの友達の2人目育児を間近で見せてもらったりして、子どもの性別が違うのはうれしいけど服やおもちゃが違いすぎる!おさがりできないのはもったいない!と実感(超貧乏性の私…)。最初思ってた女の子願望はかなり薄れて性別はどっちでも良いし、むしろ男の子が良い!と思うように。姪っ子ちゃんが生まれたのもあるかも。あと男の子兄弟って年が近いと仲悪い気がしてて(まわりに多いので)、それもあって女の子かなと思っていたけど、すでに早くて4歳差になりそうなんでね…という心境の変化でした。

広告を非表示にする

めぐみ6周期目(人工授精3回目)

お休み周期の5周期目が何ごともなく終わり、生理が来て6周期目受診しました。しかし、排卵日が病院の長期休診日になるかも?ってことで、排卵をまたず生理もう1回起こすことに。ソフィアAってのを飲みました。そして飲み終わると数日後に生理が来ました。私は今回ピルを初めて飲んだのですが結構楽ですね。海外旅行とか試験とかに生理が来ないように気軽に使っても良いかも?って思いました。もし娘がいたらぜひ選択肢として提案したいです笑

して、3回目の人工授精、スケジュール確認で受診し、5日目からクロミッド、その後HMG注射と内診に通いました。今回は育ちが悪く、注射2日→内診+注射→注射1日→内診+注射→注射1日→内診+注射→人工授精と7日間連続注射に通いました。平日定時ダッシュで間に合うとはいえ疲れました…最初の内診で、すでにでっかい卵胞があり、この卵胞は多分ダメなやつだからと、まわりにちょろっと見える他の卵胞が育つのを待ちました。しかし、人工授精の後の内診で(ちなみにめぐみは人工授精当日の内診はありません。あったら安心だなーとは思いますが…)ダメと言っていたでっかい卵胞しか排卵(=卵胞がつぶれている)していませんでした。なのに、先生はしっかり排卵しているから大丈夫だねって………!?後から調べたら周期の初めからでっかい卵胞は遺残卵胞って言うみたい?で、遺残卵胞がある周期は治療は普通は見送りになると書いてあったり…本当に遺残卵胞だったのかわかりませんし、めぐみの先生は知ってたのか知らなかったのかわかりませんが、聞いても冷たい答えが返ってくるかもと思うと聞きにくいし、なんだか7日間も注射通ったのに、どっと疲れて、人工授精するにしても転院しようかなと思った周期でした。高い鼻スプレーも3回使い切ってまた買わなきゃだし。プロゲストンデポー2回目の後生理が来て、電話して治療をお休みすると伝えました。でももう戻ることはないと思ったので、助成金の書類も作ってもらいました。無料でした。結果が出なくて残念だったけど、本格的な治療でたくさん学ばせてくれたクリニックでした。新しい割には外来のトイレ(狭い方)が微妙すぎるので、トイレを直して欲しいなってのと、キッズルームが混むと各々のおむつの悪臭ですごーく臭いので換気が整うといいなーってのは通った感想でした。でも、キッズルームは広くて楽しいし子連れ通院しやすいと思います。